気になるニュース&ネット記事

気になるニュース&ネット記事

無償公開! AI関連のPDF『Future Computed』、I/O 2018 & Build 2018 のセッション動画

2018年5月25日

電子書籍『Future Computed: 人工知能とその社会における役割』が無償公開。また、Google I/O 2018 と Microsoft Build 2018のセッションビデオも無償公開。さらにpandasの新バージョンリリースなど。機械学習関連の最新情報まとめ。

一色政彦 デジタルアドバンテージ 一色 政彦

 今回は、前回公開日2018年5月16日から本日25日までの、特に目を通しておきたい機械学習関連の最新情報をできるだけコンパクトにまとめた。ニュース情報で取りこぼしがないか、ざっとチェックしてみてほしい。

製品リリース関連

pandas 0.23.0 リリース

 2018年5月15日、半年ぶりのpandasのメジャーリリースが行われた。

 今回の注目機能として以下が挙げられている。詳しくは上記リンク先を参照されたい。

  • Round-trippable JSON format with ‘table’ orient
  • Instantiation from dicts respects order for Python 3.6+
  • Dependent column arguments for assign
  • Merging / sorting on a combination of columns and index levels
  • Extending Pandas with custom types
  • Excluding unobserved categories from groupby

注目のネット記事

無償ダウンロード: 『Future Computed: 人工知能とその社会における役割』

 マイクロソフトが、日本語150ページの電子書籍(PDF)を下記リンク先で無償公開している。

 内容は、「今から20年後という、AIが日常世界に存在する未来」に対して、マイクロソフトがどのようなビジョンや考えを持っているのかが示されている。章立ては以下のようになっている。

  • 第1章 人工知能の未来
  • 第2章 責任あるAI利用のための基準、政策、法規
  • 第3章 AIおよび職業と雇用の未来
  • さいごに 人間の創造性を強化するAI

イベントレポート: 機械学習工学研究会 キックオフシンポジウム

 現在のところ、機械学習とソフトウェア工学は切り離された世界で進められることが多い。しかし最終的には、AIや機械学習はシステム全体の開発プロセスの一端に過ぎないのだから、「機械学習が含まれる開発・運用プロセスにソフトウェア工学の知見をもっと生かしていこう」という議論から、この研究会が設立されたとのこと。

 その機械学習工学研究会(MLSE、「メルシー」と読む)の発足イベントが、2018年5月17日に開催された(ちなみに、筆者も参加して、手元にノートが残っているので近いうちに公開する予定)。下記リンク先の記事では、「基調講演1: ソフトウェア工学における問題提起と機械学習の新たなあり方」のセッション内容がまとめられている。

技術解説: Arm MLプロセッサ

 Arm(アーム)社は、Arm MLは、主にモバイルデバイスやエッジデバイスをターゲットにした機械学習用のプロセッサである。その内容を説明する記事が公開されている。

イベントレポート: Nervana NNPプロセッサ

 一方、インテルは深層学習向けNNP(Neural Network Processor)である「Nervana NNPL-1000」についてイベントで商品提供時期などを発表している。

AIプロジェクトのアンチパターン

 下記の記事の大筋は、AIプロジェクトの作業に対する理解不足があり、そのため適切な人員・役割の配置ができていないことなどが、プロジェクト失敗の原因として取り上げられている。そもそもの大本の原因として「経営層の問題」が指摘されている。

ニュース: MicrosoftがSemantic Machinesを買収

セッションビデオ公開: Microsoft Build 2018

 2018年5月7日~9日に開催された開発者カンファレンス「Microsoft Build 2018」のセッション動画が公開されている。AIカテゴリのものは35本ある。いくつかピックアップすると以下のようなセッション動画が公開されている。

 ちなみに日本では5月22日~23日に開発者カンファレンス「de:code 2018」が開催され、AI関連のセッションも大盛況だった。こちらも例年通りであれば1カ月程度でセッション動画が公開されるのではないかと思う。

セッションビデオ公開: Google I/O 2018

 2018年5月8日~10日に開催された開発者カンファレンス「Google I/O 2018」のセッション動画も公開されている。プレイリストにはAIカテゴリをフィルターする機能がなさそうだったので、筆者が見つけた以下の20本を全てピックアップしておこう。

コンテスト/資格試験/アワード/認定

オンライン講座: Machine Learning with TensorFlow on Google Cloud Platform

 GoogleとCourseraが共同で、オンライン学習プラットフォーム「Coursera」上で受講できる、

という新たなコースを新設した。1週間の無償トライアルの後、(執筆時点で筆者が試した限りでは)毎月5232円が課金されるようである。内容について詳しくは下記のリンク先の記事を参照してほしい。

Python 3 エンジニア認定データ分析試験

 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が、

という「Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験」を策定中で、開催時期などはまだ未定とのことだ。受験料金は、1万円(学生:5000円)+消費税の予定。

参考実装

 AI・機械学習の参考となる実装例をいくつかピックアップする。概要説明はしないので、直接リンク先を参照してほしい。

事例

 AI・機械学習の事例についても、ピックアップだけで、概要説明は割愛する。

まとめ

 勉強会は無償のものが多く、今回、取り上げた電子書籍『Future Computed: 人工知能とその社会における役割』が無償公開されたり、Google I/O 2018やMicrosoft Build 2018のセッションビデオが無償公開されていたりと、情報収集やしやすい。本当に良い時代である。Hope this helps.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になるニュース&ネット記事
1. Swift For TensorFlowのオープンソース化など、GW前後の機械学習関連ニュースまとめ

GWを挟んでここ2週間ほどの、ちょっと気になるお薦めのニュースや記事を集めてみた。

2018年5月7日(月)
気になるニュース&ネット記事
2. Microsoft Build 2018 vs. Google I/O 2018[機械学習視点]: FPGA vs. TPU、ML.NET vs. ML Kit

2018年の年次開発者向けカンファレンスがマイクロソフトとグーグルでほぼ同時期に開催され、両者とも今年はAIを軸に新機能や事例が紹介されている。特に機械学習の観点でそこで発表された主要ニュースをまとめる。

2018年5月9日(水)
気になるニュース&ネット記事
3. Neural Network Console クラウド正式版など - 機械学習の必読情報

「Lobe」「PyTorch 1.0(ベータ)」「AI/MLの仕事」など、ちょっと気になるお薦めのニュースや記事を集めてみた。

2018年5月16日(水)
気になるニュース&ネット記事
4. 【現在、表示中】≫ 無償公開! AI関連のPDF『Future Computed』、I/O 2018 & Build 2018 のセッション動画

電子書籍『Future Computed: 人工知能とその社会における役割』が無償公開。また、Google I/O 2018 と Microsoft Build 2018のセッションビデオも無償公開。さらにpandasの新バージョンリリースなど。機械学習関連の最新情報まとめ。

2018年5月25日(金)
気になるニュース&ネット記事
5. de:code 2018、AI関連セッションの動画&資料の一覧

2018年5月にマイクロソフトが主催した「de:code 2018」カンファレンスのセッション動画とプレゼン資料が公開された。動画かセッションかが閲覧可能な17件のAI関連セッションをリストアップする。

2018年6月15日(金)
Deep Insider の SNS :