気になるニュース&ネット記事

気になるニュース&ネット記事

BigQueryが無料で試せる「BigQueryサンドボックス」。毎月1TBの検索が可能

2019年3月11日

クレジットカードを登録せずにBigQueryを試したいときに無料で手軽に使えるBigQueryサンドボックスを紹介。その利用手順を説明し、制限事項についても言及する。

一色政彦 デジタルアドバンテージ 一色 政彦

BigQueryサンドボックスとは

 BigQueryはグーグルが提供するビッグデータ解析プラットフォームである。巨大なデータセットに対して高速な検索ができる点と、SQL風のクエリ言語で記述する点に特徴がある、Google Cloud Platform(GCP)のサービスの一つだ。

 BigQueryのデータ利用や検索はそこまで高価ではないものの、「塵も積もれば……」で知らない間にそれなりの金額に達してしまう不安や、GCPにクレジットカードを登録して課金される面倒さなど、気になる点も確かにあった。

 BigQueryサンドボックス(sandbox)は、そういった懸念事項を払拭して、誰でも無料でクエリ処理が毎月1TBまで、ストレージ保存が毎月10GBまで利用できる。

 想定ユーザーは、クレジットカードを登録せずにBigQueryを試したいユーザーとしている。具体例として、

  • 学生
  • 政府機関・自治体職員
  • 企業の開発者
  • Firebaseなどの他のGoogleプロダクトユーザー
  • 科学者・学術研究者

などが挙げられている。

 機械学習ができるBigQuery MLも使用可能である。

BigQueryサンドボックスの利用手順

 実際に利用するには、BigQueryの製品ページの英語版日本語版はまだ対応していない可能性がある)を開き(図1)、[TRY BIGQUERY FREE]ボタンをクリックすればよい。

図1 [TRY BIGQUERY FREE]ボタンをクリック

図1 [TRY BIGQUERY FREE]ボタンをクリック

 これにより、GCP上のBigQueryのページが「サンドボックス」モードで開かれる。図2のように、左上に[サンドボックス]と表示されているはずだ。

図2 [サンドボックス]と表示

 あとは[クエリエディタ]にクエリを記述して[実行]していくだけだ。

 ちなみに、サンドボックスでは足らなくなった場合には、右上にある[アップグレード]ボタンでクレジットカード情報を登録して、本格的にBigQueryを活用することもできる。

より詳しい情報について

 BigQueryサンドボックスの詳細については、下記の公式ブログを参照してほしい。

 BigQueryサンドボックスの制限について簡単に紹介しておくと、クエリ処理やストレージ保存の容量だけでなく、テーブルやパーティションの有効期限が60日間となっており、「データのストリーミング」「データ操作言語(DML)のステートメント」「BigQuery Data Transfer Service」といった機能が利用できないとのことだ。これについては、下記の公式ドキュメントに記載されている。

 ちなみに筆者による情報収集では、BigQueryサンドボックス自体は、昨年10月末ごろにFirebaseユーザー向けに使えるようになった、という情報があった。よって、今回のBigQueryサンドボックスの発表は、恐らくGCP側からも利用できるように対応したということだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※以下では、本稿の前後を合わせて5回分(第5回~第9回)のみ表示しています。
連載の全タイトルを参照するには、[この記事の連載目次]を参照してください。

気になるニュース&ネット記事
5. de:code 2018、AI関連セッションの動画&資料の一覧

2018年5月にマイクロソフトが主催した「de:code 2018」カンファレンスのセッション動画とプレゼン資料が公開された。動画かセッションかが閲覧可能な17件のAI関連セッションをリストアップする。

2018年6月15日(金)
気になるニュース&ネット記事
6. 立教大学大学院、2020年4月新設の「人工知能科学研究科」の特設サイトをオープン

2020年4月に開講予定の立教大学大学院・人工知能科学研究科の特設サイトがオープンした。この研究科の内容や特徴についても簡単にまとめる。

2019年1月31日(木)
気になるニュース&ネット記事
7. 人気の東大松尾研「DL4US」ディープラーニング講座のコンテンツが無償公開

人気のDL4US講座のコンテンツが無償公開された。そのダウンロード方法や中身について紹介する。

2019年5月14日(火)
気になるニュース&ネット記事
8. 【現在、表示中】≫ BigQueryが無料で試せる「BigQueryサンドボックス」。毎月1TBの検索が可能

クレジットカードを登録せずにBigQueryを試したいときに無料で手軽に使えるBigQueryサンドボックスを紹介。その利用手順を説明し、制限事項についても言及する。

2019年3月11日(月)
気になるニュース&ネット記事
9. TensorFlowが学べる、無料のオンライン学習講座。CourseraとUdacityに新設

有名オンライン学習プラットフォームのCourseraとUdacityに、無料の初心者向けTensorFlowコースが新設されたことが、TensorFlow Dev Summit 2019で発表された。各コースの概要を紹介する。

2019年3月11日(月)
Deep Insider の SNS :

本コンテンツの目次

気になるニュース&ネット記事
気になるニュース&ネット記事

BigQueryが無料で試せる「BigQueryサンドボックス」。毎月1TBの検索が可能


本コンテンツに関連する重要用語