キーワード・Glossary

の用語解説と記事一覧

2018年6月25日

用語解説

 LSTM(Long Short-Term Memory)とは、短期記憶を長期間、活用できるようにした、ディープ・ニューラル・ネットワークのアルゴリズムで、RNNの一種。長期的な依存関係を学習できるのが特徴。多くの場合で、標準のRNNより良い結果を出している。

記事一覧

■ 過去記事 - 日付順

ディープラーニング習得、次の一歩

ディープラーニング習得、次の一歩

ディープラーニングで自動筆記 - Kerasを用いた文書生成(後編)

「文書生成」チャレンジの後編。ネットワークにLSTM、ライブラリにKeras+TensorFlowを採用し、さらに精度を改善していく。最後に、全然関係ない入力文章から、江戸川乱歩風文書が生成されるかを試す。

Deep Issue 2018年8月8日(水)
ディープラーニング習得、次の一歩

ディープラーニング習得、次の一歩

ディープラーニングで自動筆記 - Kerasを用いた文書生成(前編)

ディープラーニングによる自然言語処理の一つ「文書生成」にチャレンジしてみよう。ネットワークにLSTM、ライブラリにKeras+TensorFlowを採用し、徐々に精度を改善していくステップを説明する。

Deep Issue 2018年7月5日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加