機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 2]

機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 2]

Google Colaboratory(Jupyter Notebook)の準備と、ノートブックの作成

2018年12月10日

機械学習やディープラーニングの作業環境の中でも初心者には「Jupyter Notebook」がお勧めだ。そのオンライン版「Google Colaboratory」の準備方法と、そのノートブックファイルの作り方などのファイル操作方法を説明する。

一色政彦 デジタルアドバンテージ 一色 政彦

 前回は機械学習/ディープラーニングの主要な作業環境について紹介し、作業環境の1つである「Jupyter Notebook」のオンライン版「Google Colab」(正式にはGoogle Colaboratory)の利用を推奨した。今回は、Google ColabとそのColaboratoryノートブックの準備方法を説明する。脚注や図の番号は前回からの続き番号としている。

Google Colaboratoryの準備

 それではGoogle Colabを実際に使えるようにしてみよう。

GoogleドライブへのColaboratoryアプリのインストール

 Lesson 1では「Googleドライブ対応」と説明したが、厳密には、Google Colabは「Googleドライブの接続アプリ」という形態になっている。つまりGoogle Colabを使うには(基本的に)、事前にGoogleドライブにGoogle Colabのアプリをインストール(=Googleドライブでは「接続」と呼ぶ)しておく必要があるのだ。

 そこでまずは、次のリンク先を開いてほしい。

 図5のような画面が表示されるので[Google ドライブにアクセス]ボタンをクリックする。

図5 準備手順(1):Google Colaboratoryへのログイン

 まだGoogleアカウントにログインしていない場合は、図6のような画面が表示される。Googleアカウントを持っていない場合は[アカウントを作成]する必要がある。持っている場合はメールアドレスを入力してログインしてほしい。その後のログイン過程の手順は(難しくないので)説明を割愛する。

図6 準備手順(2):Googleアカウントへのログイン

 Googleアカウントにログインすると、Googleドライブの「マイドライブ」ページが表示されるので(図7)、左上にある[新規]ボタンをクリックする。

図7 準備手順(3):Googleドライブの「マイドライブ」ページ

 そのボタンの場所にコンテキストメニューが表示されるので、[その他]-[アプリを追加]をクリックする(図8)。

図8 準備手順(4):Googleドライブへのアプリの追加

 これにより[ドライブにアプリを追加]ダイアログが表示されるので、右上の検索欄に「Colab」と入力してEnterキーを押してほしい(図9)。「Colaboratory」というアプリがヒットするので、[+ 接続]ボタンをクリックする。

図9 準備手順(5):Colaboratoryアプリの追加

 最後に図10の確認画面が表示されるので、そのまま[OK]ボタンを押す。[ドライブにアプリを追加]ダイアログは閉じてよい。

図10 準備手順(6):アプリの接続確認

 以上で、Google Colabの準備は完了だ。

Colaboratoryノートブックの作成・削除

 次に、Google ColabのColaboratoryノートブックファイルの作り方など、ファイル操作について説明していく。

Colaboratoryノートブックの新規作成

 まずはGoogleドライブの「マイドライブ」を開く必要がある。先ほど開いたGoogleドライブのトップページか、次のリンク先を開いてほしい。このリンク先を何度も利用するのでブックマークしておくと便利だ。

 Colaboratoryノートブックを新規作成するには、まず「マイドライブ」ページの左上にある[新規]ボタンをクリックする。

図11 新規作成手順(1):Googleドライブの「マイドライブ」ページ

 そのボタンの場所にコンテキストメニューが表示されるので、[その他]-[Colaboratory]をクリックする(図12)。

図12 新規作成手順(2):Colaboratoryノートブックの新規作成

 以上で新規作成は完了だ。図13のように、空のColaboratoryノートブックのファイルが「Untitled0.ipynb」などの名前で作成され、それがブラウザーの別のタブでGoogle Colabアプリにより自動的に開かれたはずだ。

図13 新規作成手順(3):Google Colabアプリで開かれたColaboratoryノートブックファイル

Colaboratoryノートブックの一覧/削除などの操作

 元のタブの「マイドライブ」ページに戻ると、図14のように確かにファイルが作成されたことが確認できる。

図14 閲覧手順(1):作成済みのColaboratoryノートブックファイルの一覧

 Colaboratoryノートブックのファイル項目をダブルクリックすることで、そのファイルを開ける。

 その他、Colaboratoryノートブックのファイル項目を右クリックしてみると、図15にあるように共有/コピー/ダウンロード/削除などさまざまなファイル操作ができることが分かる。

閲覧手順(2):Colaboratoryノートブックのファイル操作
図15 閲覧手順(2):Colaboratoryノートブックのファイル操作

 通常のGoogleドライブと同じように扱えるので、ファイル操作は難しくないだろう。説明を割愛する。

つづく

 以上、Google ColabとそのColaboratoryノートブックの準備方法を説明した。次回はGoogle Colabの使い方を紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 2]
1. ディープラーニングを始めるための、作業環境の特長と使い分け指針

機械学習やディープラーニングの作業環境にはどのようなものがあるのか。「PyCharm」「Visual Studio Code」「Jupyter Notebook」という3つの主要な作業環境の概要と特徴を説明し、その使い分け指針を示す。

2018年12月7日(金)
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 2]
2. 【現在、表示中】≫ Google Colaboratory(Jupyter Notebook)の準備と、ノートブックの作成

機械学習やディープラーニングの作業環境の中でも初心者には「Jupyter Notebook」がお勧めだ。そのオンライン版「Google Colaboratory」の準備方法と、そのノートブックファイルの作り方などのファイル操作方法を説明する。

2018年12月10日(月)
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 2]
3. Google Colaboratory(Jupyter Notebookのオンライン版)の使い方

機械学習やディープラーニングの作業環境の中でも初心者には「Jupyter Notebook」がお勧めだ。そのオンライン版「Google Colaboratory」の画面構成や基本的な使い方、お薦めのショートカットキー、オートコンプリートとヘルプドキュメントの表示機能などを説明する。

2018年12月11日(火)
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 2]
4. 「ディープラーニング作業環境の概要とGoogle Colaboratory(Jupyter Notebookのオンライン版)の使い方」まとめ

機械学習やディープラーニングの作業環境と使い分け指針、Jupyter Notebookのオンライン版「Google Colaboratory」の概要や使い方を箇条書きでまとめる。

2018年12月11日(火)
Deep Insider の SNS :