機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]

機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]

「ディープラーニング作業環境の概要とGoogle Colaboratory(Jupyter Notebookのオンライン版)の使い方」まとめ

2018年12月11日

機械学習やディープラーニングの作業環境と使い分け指針、Jupyter Notebookのオンライン版「Google Colaboratory」の概要や使い方を箇条書きでまとめる。

一色政彦 デジタルアドバンテージ 一色 政彦

 前回はGoogle Colabの使い方を紹介した。今回は、まとめとして、これまでの3回分のLessonのポイントを、箇条書きで短く書いているので、再確認に活用してほしい。

 また、もっとGoogle Colabの使い方を学びたい人向けに、課題としてチャレンジ問題を用意したので、気になる人はチェックしてみてほしい。

まとめ:ディープラーニングの概要とJupyter Notebook

  • 機械学習/ディープラーニングの作業環境: 統合開発環境のPyCharmや、シンプルなコードエディターのVisual Studio Code、ノート形式で実行と記録ができるJupyter Notebookなどがある
  • Project Jupyter: 本シリーズで使うJupyter Notebookと、グループ利用のJupyterHub、次世代バージョンのJupyterLabを提供している
  • Jupyter Notebookオンライン環境: 無償で利用できるものが多数あり、代表的にはMicrosoft Azure Notebooksや、Kaggle Kernels、Google Colaboratoryなどがある
  • Google Colaboratory: 「Google Colab」と略され、Googleドライブの接続アプリの形式で提供されている。Googleドキュメントが有する変更履歴や共同編集も有効で、GPUが無償、Python 2.7&3.6の両対応といったメリットがある。操作性も直感的でマニュアルは不要なほど
  • Colaboratoryノートブック: Jupyter Notebook互換の.ipynbファイルで出力できるだけでなく、Pythonファイル(.py)でも出力できる
  • ノートブックのセル: 「コードセル」と「テキストセル」の2種類がある。テキストセルはMarkdownフォーマットで記述する
  • Markdownフォーマット: そのまま文章を書けば基本的に問題なし。最も使う見出しの書式は# レベル1## レベル2### レベル3。Google Colabでは見出しが目次となり、階層構造を表現できる
  • Google Colabのショートカットキー: AltEnterキーで「セルを実行して、新しいコードセルを挿入」でき、⌘/CtrlM Mキーで「テキストセルに変換」できる。Tabキーで、オートコンプリートやヘルプドキュメントを表示できる
  • オートコンプリート: コーディング中の文字列に対して、入力可能な候補を表示する機能
  • ヘルプドキュメント: 「docstringヘルプ」とも呼ばれる。関数の()の間でTabキーを押すと表示される機能

【チャレンジ問題】

 繰り返しになるが、このチャレンジ問題は、必須ではなく、もう少しGoogle Colabを学びたい人向けである。

 「Hello, Colaboratory - Colaboratory - Google」というページでは、Google Colabの基本機能が一通りカバーされている。このページを開き、自分で気になるところをクリックして試してみてほしい。これが今回のチャレンジ問題だ。

 クリックしていくと、Google Colabでどのようなことができるかがざっくりと分かってくるはずだ。Jupyter NotebookやGoogle Colabは、直観的に操作できるツールとなっているおり、あらためて記事やマニュアル(説明書)などを読んで習得しなくても、「習うより慣れろ」で使いこなせる。スマホのアプリを使いこなすのに、わざわざ説明書を読まないと同じだ。まずはいろいろと触って慣れることが大切だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]
1. ディープラーニングを始めるための、作業環境の特長と使い分け指針

機械学習やディープラーニングの作業環境にはどのようなものがあるのか。「PyCharm」「Visual Studio Code」「Jupyter Notebook」という3つの主要な作業環境の概要と特徴を説明し、その使い分け指針を示す。

2018年12月7日(金)
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]
2. Google Colaboratory(Jupyter Notebook)の準備と、ノートブックの作成

機械学習やディープラーニングの作業環境の中でも初心者には「Jupyter Notebook」がお勧めだ。そのオンライン版「Google Colaboratory」の準備方法と、そのノートブックファイルの作り方などのファイル操作方法を説明する。

2018年12月10日(月)
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]
3. Google Colaboratory(Jupyter Notebookのオンライン版)の使い方

機械学習やディープラーニングの作業環境の中でも初心者には「Jupyter Notebook」がお勧めだ。そのオンライン版「Google Colaboratory」の画面構成や基本的な使い方、お薦めのショートカットキー、オートコンプリートとヘルプドキュメントの表示機能などを説明する。

2018年12月11日(火)
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]
4. 【現在、表示中】≫ 「ディープラーニング作業環境の概要とGoogle Colaboratory(Jupyter Notebookのオンライン版)の使い方」まとめ

機械学習やディープラーニングの作業環境と使い分け指針、Jupyter Notebookのオンライン版「Google Colaboratory」の概要や使い方を箇条書きでまとめる。

2018年12月11日(火)
Deep Insider の SNS :

本コンテンツの目次

機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]
機械学習 & ディープラーニング入門(作業環境準備編)[Lesson 4]

「ディープラーニング作業環境の概要とGoogle Colaboratory(Jupyter Notebookのオンライン版)の使い方」まとめ


本コンテンツに関連する重要用語